未来のノスタルジー Vol.2 / Nostalgie du Futur Vol.2

2020年5月2日(土)
開場 18:30 開演 19:00
一般 3500円

プログラム
Sergei PROKOFIEV
Piano Sonata No.7 op.83
プロコフィエフ
ピアノソナタ7番 作品83

Maurice RAVEL
Le tombeau de Couperin
ラヴェル
クープランの墓

György LIGETI
Musica ricercata
リゲティ
ミュジカ リチェルカータ

Alexandre SCRIABIN
Vers la flamme
スクリャービン
炎に向かって

会場
萌木の村 ホール・オブ・ホールズ
TEL 0551-48-3535
https://hallofhalls.com

主催
MuseuM Concert Series実行委員会
共催
一般社団法人オブジェ・アー
後援
萌木の村 オルゴール館
ホール・オブ・ホールズ

 

【Release】
JP039 – ODG112 : Wataru Iwata / Objet α
Digitally released on the 15th of November 2019.

             
Track listing:

1: Tone + Prayer
2: Eden
3: Prayer
4: Sine Pt.
5: Ring Tune
6: Sine 2
7: Solaris 8
8: Suite No. X
9: Pinknoise+Alpha
10: Objet α

Playerへのリンク:
https://player.believe.fr/v2/3615939593140

iTunes: https://music.apple.com/jp/album/objet-%CE%B1/1470158744…Spotify: https://open.spotify.com/album/3qk91CyNOQ91okqiesCRtu

ラカンはObjet αを「欲望の原因」であると説明し、その代表格として、乳房、排泄物、まなざし、声の4つを上げる。乳児は、母親の乳房が乳児の望むものすべてを、すなわち無限の母乳と愛情を持っていると感じる。乳房は無限のものを持っており、無限である以上、乳児に有限を分け与えてもそれは減らない。この減ることのない無限性を、乳児は欲しがる。しかしその無限性こそ、乳房が乳児に与えてくれない当のものだ。ひとがアプリオリに人肌を求め、あるいは善行を為し、あるいは詩、音楽、絵画、映像などの芸術作品をこよなく愛するのは、その先に対象 α / 欲望の原因を見るからだろう。【リリースノート】
タイトルのObjet α(オブジェ・アー)は、ジャック・ラカンの精神分析理論で用いられる概念の一つで、日本語では対象α、小文字の他者と訳される。ラカンはレクチャーのなかでこのような言葉を残している。”私から見たあなたが、全体から見た私と等式で結ばれる時、対象aは黄金数として現れる”。

また彼は、このことをシンプルな数式によって表す。

自分を x、他人を y とする。他人に映った自分(対象a)を a=x/(x+y) とする。決して到達することの出来ない a を自分が見た他人として類推すると、 a=x/(x+y)=y/x ということになる。この式の解は a=(√5-1)/2 となる。つまり黄金数である。

方程式を利用して考えられることは、私が他者を見る視点が、我々が私を見る視点に等しくなるということ、すなわち、個別と普遍の一致であるといえる。これ


つまり、先の言葉を言い換えると、以下のようになる。はもはや、精神分析理論の概念であるというよりも、イブン・アラビーの「存在一性論」、ウパニシャッド、老荘思想、華厳経、禅、またあるいは一神教を準備した数々の思想に通底する、神秘主義の響きさえ感じられる。

『私から見たあなた(たち)が、私たち(全体)から見た私と等しくなるとき、欲望の原因は美の法則として現れる』。

Objet αが月ならば、わたしたちは月をさす指のようなものである。

【Release note】
Wataru Iwata (see also OJP038) is a Japanese composer/Artist/Director engaged in TV advertising song production and playing in various pop, rock, electronic or jazz bands.

Objet α is the term used in the psychoanalytic theory of Jacques Lacan.

In the psychoanalytic theory of Jacques Lacanobjet petit a stands for the unattainable object of desire. It is sometimes called the object cause of desire. Lacan always insisted that the term should remain untranslated, “thus acquiring the status of an algebraic sign”.

The “α” in question stands for “autre” (other), the concept having been developed out of the Freudian “object” and Lacan’s own explanation of “otherness”is within the whole”.
Another way of saying it : The cause of desire appears in the order of beauty when “the way I sees the other” is equal to “what I is within the whole”. Also, the term is used to expound the irrational relation between universal and particular. In this state, it sounds rather an esotericism theory transpierce from ancient philosophy to the world religion than the psychoanalytic theory.

We can also interpret and recognize the objet α as the fundamental source of art, music, philosophy, and science is a finger-like that points at the moon.
Wataru Iwata tries to describe all those feelings and theory through 10 introspective electronic pieces that will bring you closer to that unreachable object cause of desire.

Some videos. Trilogy was made especially for the Fukushima biennal in 2016.

https://off-recordlabel.blogspot.com/2019/11/ojp040-odg112-wataru-iwata-objet.html

Life is Beautiful

Directed by Koji FURUTA (Media Stream)
3 The Explosion of Diverseness
5 (The Irrational Relation) Between Universal and Particular

 

The Gate

Concept===========
The Gateとは英古語で道の意。それは、目を凝らすも見えず、耳を澄ますも聴こえず、手で触れようとするも形がないので手応えがない。それは粘土をこねて作った陶器の空っぽの部分に物を入れる使いみちがあり、戸や窓をくりぬいてその奥に居室をつくり、その何もない空間に部屋としての用途があるようなものである。全て形あるものが役に立つのは、形なきものがそれを支える役割を果たしており、芸術はそれらを指し示す、“指”としての役割を果たしてきた。

Natureの訳語として充てられた自然(シゼン)は人間とそれ以外を隔て、人工(物)に対置するものとして認識されるのに対し、自然(ジネン)は“あるがまま”と訳される。それは目的を持たない存在の肯定、その全ての状態を指す。即興性は芸術表現における場合にのみ崇高であるわけではなく、また、私たちの生活のほぼ全てが即興性に満ちている。

朝、鏡の前で行う歯磨き、家のドアを開けて道を歩く、改札を通って電車に乗る、そして家族との夕食どきの会話も、私たちは練習をしたり、リハーサルを行うこともない。また必ずしもそれら全てに崇高な目的を持つわけでもなく、目的を持たない純粋な遊びが純粋芸術として崇められてきたように、目的を持たない私たちの日常の大半は、それと同等に、あるいはそれ以上に崇高なものである可能性がある。

The Gateとは普遍性と個別性の合一に至る道程であり、門である。そして唯一、不変なもの/ことがあるとするならば、それは変化し続けることにのみある。

The Gate
7.23 (tue) 20:00-0:00
Charge ¥2000/1D
頭バー http://www.zubar.jp/

【Exhibition】
『Life is Beautiful』
Social Simulation Based on 2D cellular automata
2次元セル・オートマトンによる社会シミュレーション
Life is Beautiful was exhibited at Art Hack Day 2018 Exhibition on March 2018 at Miraikan
Art Hack Day 2018(日本科学未来館)にて展示

【Live】
– PULSE CONVENTION –
フリースタイル•ジャズ
Hiroshi NAKAMURA (Sax)
Wataru IWATA (Fender Rhodes)
Noboru ANDO (Contrabass)
UEZI (Drums)

– INTRINSIC –
脳波による内発音楽表現
Akimasa YAMADA (Brainwave/Sound programming and play)
Wataru IWATA (Brainwave/Sound programming and play)
Hironobu NAKAMURA (Brainwave/Live Coding)

Lighting Coat supported by
Yusuke KOROYASU, Takumi YOKOYAMA (TParty)

【DJ】
Akira n-dim
Dafoe_NTK

 

「Nostalgie du Futur / 未来のノスタルジー」

 

 

「Nostalgie du Futur 未来のノスタルジー」 
福井マナ ピアノリサイタル 

“20世紀モダンの音楽を通して紡ぐ未来のノスタルジー。前衛たちが未来に向かって投げかけた作品、作曲家たちが想像した「未来」は、私たちにとっての「過去」であり、また「現在」でもある。同様に私たちの現在は未来のノスタルジーとなる” 

プログラム
・ラヴェル  
「古風なメヌエット」「水の戯れ」「優雅で感傷的なワルツ」「ラ・ヴァルス」
・ドビュッシー 
「映像 II 集」 「版画」 「喜びの島」
・武満徹 
「閉じた眼 II」   
・リゲティ     
「虹」 
・新曲委嘱作品
  他

【概要】
 19世紀末、パリにおいて4度に渡って開催された万国博覧会において浮世絵を中心とした日本美術が初めて出展され、「ジャポニズム」は熱狂を持って迎えられ、絶大な影響を与えます。それは一時の流行に終わらず、印象主義を経てモダニズムへと変革する芸術の流れに決定的な作用を及ぼし、20世紀以降の芸術運動の発端ともなりました。 

«L’art japonais est un « art nouveau » qui aura un large impact sur la créativité européenne »   Samuel Bing

「日本の芸術は「アール・ヌーヴォー」であり、ヨーロッパの創造世界に多大な影響を与えるだろう」 サミュエル・ビング 

 美術だけではなく、音楽においても、19世紀末から20世紀初頭にかけて、多くの作曲家たちがジャポニズムに影響をされました。1875年に生まれたラヴェルは、パリ万博の熱狂の中、多感な青年時代を過ごし、1901年、パリ音楽院時代の総括として「水の戯れ」を作曲します。「水の戯れ」に先立つピアノ曲は「亡き王女のためのパヴァーヌ」、「古風なメヌエット」等、古典的要素に形容されたものでしたが、「水の戯れ」」において、ラヴェルはペンタトニック(5音階)和声による新たな境地を開きます。
 またドビュッシーは、1903年に「版画」、また続いて「映像」を発表し、やはりペンタトニックによる東洋的世界を表現し、その後の印象派音楽のピアノ書法を確立します。 

 東洋的音形は、19世紀ロマン派とは全く異なる、新たな色彩パレットを生み出し、その潮流はその後の近現代音楽世界の幕開けとなり、東欧においても、その民族的特色を生かした斬新な音楽手法が生まれました。 
ジャポニズムに影響されたアール・ヌーヴォーの中、その時代の前衛たちは訪れたことのない東洋を夢想し、未来を想像しながら作品を投げかけました。彼らの想像した「未来」において、音楽を創造している私たちの「現代」は、いずれ、未来の「過去」となります。今日、この現代社会に生きる私たちは、過去の遺産によって育まれた内面性をどのように音楽に反映し、演奏し、共有し、また私たちの想像する未来へとヴィジョンを投げかけるのでしょうか。

日時    2018年7月22日(日) 
会場   東京オペラシティ リサイタルホール
開場   13:30 
開演   14:00 
学生   1500円 
前売   4500円 
当日   5000円 
高校生以下、障害者および同伴者 無料 

プレイガイド 
■ 一般社団法人オブジェ・アー / objet α  
       0551−45−9474 info@objet-a.org
■ 東京オペラシティチケットセンター 
       03−5353−9999
■ チケットぴあ
       0570-02-9999  

主催 ■「未来のノスタルジー」実行委員会 / 一般社団法人オブジェ・アー 
後援 ■ 在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ 日本(日仏友好160周年記念文化事業) / 日仏現代音楽協会 / 桐朋学園音楽部門同窓会


 “Nostalgie du Futur”; via la musique moderne du 20ème siècle. Les œuvres crées par des avant-gardes, ainsi que le futur imaginé par les compositeurs, sont à la fois notre passé et notre présent. De même, notre présent sera le passé nostalgique d’un jour future…

Programme;
-Maurice RAVEL “Menuet antique”, “Jeux d’eau”, “valses nobles et sentimentales”, “La valse”
-Claude DEBUSSY ” Images II”,  “Estampes”, ” L’isle joyeuse”
-György LIGETI “Arc en ciel”
-Toru TAKEMITSU ” Les yeux clos II”
Etc.

Récital du piano ” Nostalgie du Futur”
Le dimanche 22 juillet 2018
À 14H
Réservation; 4500yen (à partir du 22 février)
Sans réservation; 5000yen
Tokyo Opera City Recital Hall
(3-20-2 Nishi-shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 163-1403 Japon) 

Mana FUKUI est concertiste et chambriste, formée et diplômée à la prestigieuse école de musique de Tōhō Gakuen de Tokyo, au Japon. Lauréate de nombreux concours nationaux, elle étudia le piano auprès de Minoru NOJIMA et Akira IMAI et la composition auprès d’Ichiro NODAIRA. 

Stagiaire en Russie auprès de Neta GAVRILOV et des professeurs du Conservatoire de Moscou, Mana FUKUI a ensuite suivi les conseils de Jean-François HEISSER qui l’a invitée à perfectionner sa connaissance du répertoire français à Paris. 

En France, elle travaille alors avec Colette ZERAH et Jean KOERNER pour l’accompagnement et commence sa carrière professionnelle en accompagnant les classes de maître de Vadim REPIN et Ida HAENDEL. 

Elle a obtenu le premier prix d’accompagnement et de piano solo à l’unanimité avec les félicitations du jury en 2001 aux examens des conservatoires de la ville de Paris. 

Mana FUKUI est pianiste des concours de l’UFAM depuis 2005 ainsi que des épreuves du Diplôme d’Etat de Chant, Violon et Alto du Ministère de la Culture. Accompagnatrice de nombreux festivals (Courchevel, Limousin, etc.), elle est également accompagnatrice au Conservatoire à Rayonnement Départemental de Clamart (92) depuis 2002. 

Concept et présentation.
Vers la fin du 19ème siècle, quatre expositions universelles ont eu lieu à Paris, où de nombreux objets artistiques japonais ont été représentés, et ont contribué à faire connaître la culture de ce pays. L’art japonais souleva une vague d’enthousiasme et eut un vif succès. C’est de cette exposition que vient l’appellation « japonisme ».

« L’art japonais est un « art nouveau » qui aura un large impact sur la créativité européenne » Samuel Bing

Le japonisme se retrouve non seulement dans la peinture, mais également dans la musique. Plusieurs compositeurs marquent l’influence de l’art japonais.

Maurice Ravel, né en 1875, passe sa jeunesse dans l’enthousiasme du japonisme. En 1901, il composa “ Jeux d’eau”, dédié à son maître Gabriel Fauré lorsqu’il était encore au CNSM de Paris.

Précédemment, Ravel avait déjà composé “ Pavane pour une infante défunte ” et “ Menuet antique ”, œuvres influencées par leurs caractères classiques. Dans “ Jeux d’eau ”, Ravel emploie la gamme pentatonique, ne comportant que cinq notes au lieu des sept utilisés en Occident, ce qui confère un aspect japonais aux morceaux.

En outre, Debussy composa “ Estampes “, puis “ Images ” en 1907, également influencées par la gamme pentatonique, œuvres qui signèrent l’aboutissement de la pensée pianistique de Debussy, et de la musique impressionniste par la suite.

Cette gamme orientale confère une vision différente de l’expression musicale romantique de XIXe siècle, créant un panaché musicale novateur. Cette vague ouvra une nouvelle porte, débutant la musique contemporaine de XXe siècle, et marquant la naissance d’une musique ethnique et innovante dans l’Europe de l’Est.

À travers le japonisme, des avants-gardes élaborèrent des œuvres en rêvant l’Orient, imaginant le futur. Notre “ présent ”, où nous créons notre musique dans le futur imaginé par ces précurseurs, sera “ le passé ” d’un jour futur.
Comment pouvons-nous, en vivant dans une société moderne, refléter nos pensées dans la musique, jouer, partager, et projeter notre vision du futur que nous imaginons…

 

Par le train;
Keio New Line Hatsudai Sta. Sortie Est
Keio New Line (entrée sud de la gare de Shinjuku, pas Keio Line.) De Shinjuku à Hatsudai (la première station de Shinjuku), 5 minutes à pied.
Toei Oedo Ligne Nishi-shinjuku gochome Sta. Sortie A2 , 17 minutes à pied.
Odakyu Line Sangubashi Sta, 15 minutes à pied. 

Par le bus;
de la gare JR Shibuya (environ 20 minutes)
Keio bus: (Shibu) 61 / (Shibu) 63 / (Shibu) 64 / (Shibu) 66
Toei bus: (Shibu) 66 

Information 
■ objet α  +810551459474  Mail; info@objet-a.org
■   Tokyo Opera City Ticket Centre     +81-(0)3-5353-9999

Organisation
■ objet α  +810551459474  Mail; info@objet-a.org
■ Sous le parrainage de l’Ambassade de France / Institut français du Japon.