NO-ON 脳波による内発音楽表現

「NO-ON 脳波による内発音楽表現」
MUTEK. JP 2018 @日本科学未来館

DATE:2018年11月2日(金)~11月4日(日)
PLACE:日本科学未来館
INFO: https://mutek.jp

NO-ON

脳が生み出す音を聴く。

言葉で表現しきれない感情にめぐり合うことがないだろうか。
たとえば、いつもと変わらないはずの夕日に突然心奪われ、
哀愁という言葉だけでは感情につり合わず、適切な表現が見当たらない。
そんな時、脳波をつかって内発的に音楽を生み出せたらどうなるか。
自身の感情と向き合い、他人とも共有できる表現が手に入ると何が起こるのか。
NO-ONは、このシンプルな問いを考えるためのインタラクティブアートです。

Structure

脳波による作曲

椅子に座った鑑賞者は脳波計を着用し、映像とサウンドセットを選択。
映像をインプットに、変化する6種類の脳波(ロー・アルファ波、ハイ・アルファ波、ロー・ベータ波、ハイ・ベータ波、ロー・ガンマ波、ハイ・ガンマ波)と集中状態、瞑想状態の各パラメーターがサウンド・セットに送られ、自動作曲を行う。

System

ヘッドセット:NeuroSky MindWave Mobile 2

プロジェクター:LV-WX300UST(Canon) [3台]

スピーカー:NF04R(Fostex) [2台]

ウーハー:PM-SUB8 (Fostex) [2台]

インターフェース:Fireface UFX II (RME) [1台]

ソフトウェア:MAX 8 (Cycling ’74) Live 10 (Ableton)

Credit

企画・制作

Konel + objet α
Chief Producer :出村光世 (Konel)
Music Direction / System Designer :岩田渉(objet α / Konel)
Creative Director :宮田大 (Konel)
Technical Director :荻野靖洋 (Konel)
Creative Technologist :Kenji Jones (Konel)
Producer :佐藤達哉 (Konel)

技術協力

Video Director/VFX Designer :上平康太(PLANEON)
Generative Designer :中村洋暢
Music/System Designer:山田章雅
Engineer : Trent Brooks

映像作家

平井 秀次
上田 昌輝
古田晃司
磯井 玲志(Heliographie)
嶺隼樹

お問い合わせ
info@objet-a.org
info@konel.jp


NO-ON Brain Music was exhibited at the MUTEK Tokyo 2018

DATE:November 02, 2018 12:00 – November 04, 2018 23:00
PLACE:Miraikan National Museum of Emerging Science and Innovation
INFO: https://mutek.jp

Project

Listen to sounds generated by the brain.

Could there be times in which we experience emotions that can’t be expressed with words?
For example, the sunset that repeats itself the same way everyday suddenly tugs at your heart.
The word “sorrow” alone doesn’t describe the feeling, or more so, no words seem to describe the feeling.
In moments like this, what would happen if we were able to release these emotions as music using our brainwaves?
What would happen if you obtained a way to express and share your emotions to others?
NO-ON is an interactive art piece built to allow us to think about this simple question.

Structure

Composition from Brain Waves

Once the person sitting in the chair is equipped with an EEG brain-computer interface, they can then proceed to select sound and video sets. By reading 6 types of brain waves (low alpha wave, high alpha wave, low beta wave, high beta wave, low gamma wave, high gamma wave) and additionally, meditation and attention parameters, we can use this data in sound sets to begin generative composition. Simultaneously, each type of brain wave data is used to change video playback speed and effects in real time.

System

EEG Headset:NeuroSky MindWave Mobile 2

Projector:Canon LV-WX300UST [x3]

Speaker:Fostex NF04R [x2]

Subwoofer:Fostex PM-SUB8 [x2]

Interface:RME Fireface UFX II [x1]

Software:Cycling ‘74 MAX 8 and Ableton Live 10

NO-ON Sample

Credit

Planning・Development

Konel + objet α
Chief Producer :Mitsuyo Demura (Konel)
Music Direction / System Designer :Wataru Iwata(objet α / Konel)
Creative Director :Dai Miyata (Konel)
Technical Director :Yasuhiro Ogino (Konel)
Creative Technologist :Kenji Jones (Konel)
Producer :Tatsuya Sato (Konel)

Technical Collaborators

Video Director/VFX Designer :Kota Uehira (PLANEON)
Generative Designer :Hironobu Nakamura
Music/System Designer:Akimasa Yamada
Engineer : Trent Brooks

Visual Artists

Shuji Hirai
Masaki Ueda
Koji Furuta
Reiji Isoi(Heliographie)
Jyunki Mine

「Nostalgie du Futur / 未来のノスタルジー」

 

 

「Nostalgie du Futur 未来のノスタルジー」 
福井マナ ピアノリサイタル 

“20世紀モダンの音楽を通して紡ぐ未来のノスタルジー。前衛たちが未来に向かって投げかけた作品、作曲家たちが想像した「未来」は、私たちにとっての「過去」であり、また「現在」でもある。同様に私たちの現在は未来のノスタルジーとなる” 

プログラム
・ラヴェル  
「古風なメヌエット」「水の戯れ」「優雅で感傷的なワルツ」「ラ・ヴァルス」
・ドビュッシー 
「映像 II 集」 「版画」 「喜びの島」
・武満徹 
「閉じた眼 II」   
・リゲティ     
「虹」 
・新曲委嘱作品
  他

【概要】
 19世紀末、パリにおいて4度に渡って開催された万国博覧会において浮世絵を中心とした日本美術が初めて出展され、「ジャポニズム」は熱狂を持って迎えられ、絶大な影響を与えます。それは一時の流行に終わらず、印象主義を経てモダニズムへと変革する芸術の流れに決定的な作用を及ぼし、20世紀以降の芸術運動の発端ともなりました。 

«L’art japonais est un « art nouveau » qui aura un large impact sur la créativité européenne »   Samuel Bing

「日本の芸術は「アール・ヌーヴォー」であり、ヨーロッパの創造世界に多大な影響を与えるだろう」 サミュエル・ビング 

 美術だけではなく、音楽においても、19世紀末から20世紀初頭にかけて、多くの作曲家たちがジャポニズムに影響をされました。1875年に生まれたラヴェルは、パリ万博の熱狂の中、多感な青年時代を過ごし、1901年、パリ音楽院時代の総括として「水の戯れ」を作曲します。「水の戯れ」に先立つピアノ曲は「亡き王女のためのパヴァーヌ」、「古風なメヌエット」等、古典的要素に形容されたものでしたが、「水の戯れ」」において、ラヴェルはペンタトニック(5音階)和声による新たな境地を開きます。
 またドビュッシーは、1903年に「版画」、また続いて「映像」を発表し、やはりペンタトニックによる東洋的世界を表現し、その後の印象派音楽のピアノ書法を確立します。 

 東洋的音形は、19世紀ロマン派とは全く異なる、新たな色彩パレットを生み出し、その潮流はその後の近現代音楽世界の幕開けとなり、東欧においても、その民族的特色を生かした斬新な音楽手法が生まれました。 
ジャポニズムに影響されたアール・ヌーヴォーの中、その時代の前衛たちは訪れたことのない東洋を夢想し、未来を想像しながら作品を投げかけました。彼らの想像した「未来」において、音楽を創造している私たちの「現代」は、いずれ、未来の「過去」となります。今日、この現代社会に生きる私たちは、過去の遺産によって育まれた内面性をどのように音楽に反映し、演奏し、共有し、また私たちの想像する未来へとヴィジョンを投げかけるのでしょうか。

日時    2018年7月22日(日) 
会場   東京オペラシティ リサイタルホール
開場   13:30 
開演   14:00 
学生   1500円 
前売   4500円 
当日   5000円 
高校生以下、障害者および同伴者 無料 

プレイガイド 
■ 一般社団法人オブジェ・アー / objet α  
       0551−45−9474 info@objet-a.org
■ 東京オペラシティチケットセンター 
       03−5353−9999
■ チケットぴあ
       0570-02-9999  

主催 ■「未来のノスタルジー」実行委員会 / 一般社団法人オブジェ・アー 
後援 ■ 在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ 日本(日仏友好160周年記念文化事業) / 日仏現代音楽協会 / 桐朋学園音楽部門同窓会


 “Nostalgie du Futur”; via la musique moderne du 20ème siècle. Les œuvres crées par des avant-gardes, ainsi que le futur imaginé par les compositeurs, sont à la fois notre passé et notre présent. De même, notre présent sera le passé nostalgique d’un jour future…

Programme;
-Maurice RAVEL “Menuet antique”, “Jeux d’eau”, “valses nobles et sentimentales”, “La valse”
-Claude DEBUSSY ” Images II”,  “Estampes”, ” L’isle joyeuse”
-György LIGETI “Arc en ciel”
-Toru TAKEMITSU ” Les yeux clos II”
Etc.

Récital du piano ” Nostalgie du Futur”
Le dimanche 22 juillet 2018
À 14H
Réservation; 4500yen (à partir du 22 février)
Sans réservation; 5000yen
Tokyo Opera City Recital Hall
(3-20-2 Nishi-shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 163-1403 Japon) 

Mana FUKUI est concertiste et chambriste, formée et diplômée à la prestigieuse école de musique de Tōhō Gakuen de Tokyo, au Japon. Lauréate de nombreux concours nationaux, elle étudia le piano auprès de Minoru NOJIMA et Akira IMAI et la composition auprès d’Ichiro NODAIRA. 

Stagiaire en Russie auprès de Neta GAVRILOV et des professeurs du Conservatoire de Moscou, Mana FUKUI a ensuite suivi les conseils de Jean-François HEISSER qui l’a invitée à perfectionner sa connaissance du répertoire français à Paris. 

En France, elle travaille alors avec Colette ZERAH et Jean KOERNER pour l’accompagnement et commence sa carrière professionnelle en accompagnant les classes de maître de Vadim REPIN et Ida HAENDEL. 

Elle a obtenu le premier prix d’accompagnement et de piano solo à l’unanimité avec les félicitations du jury en 2001 aux examens des conservatoires de la ville de Paris. 

Mana FUKUI est pianiste des concours de l’UFAM depuis 2005 ainsi que des épreuves du Diplôme d’Etat de Chant, Violon et Alto du Ministère de la Culture. Accompagnatrice de nombreux festivals (Courchevel, Limousin, etc.), elle est également accompagnatrice au Conservatoire à Rayonnement Départemental de Clamart (92) depuis 2002. 

Concept et présentation.
Vers la fin du 19ème siècle, quatre expositions universelles ont eu lieu à Paris, où de nombreux objets artistiques japonais ont été représentés, et ont contribué à faire connaître la culture de ce pays. L’art japonais souleva une vague d’enthousiasme et eut un vif succès. C’est de cette exposition que vient l’appellation « japonisme ».

« L’art japonais est un « art nouveau » qui aura un large impact sur la créativité européenne » Samuel Bing

Le japonisme se retrouve non seulement dans la peinture, mais également dans la musique. Plusieurs compositeurs marquent l’influence de l’art japonais.

Maurice Ravel, né en 1875, passe sa jeunesse dans l’enthousiasme du japonisme. En 1901, il composa “ Jeux d’eau”, dédié à son maître Gabriel Fauré lorsqu’il était encore au CNSM de Paris.

Précédemment, Ravel avait déjà composé “ Pavane pour une infante défunte ” et “ Menuet antique ”, œuvres influencées par leurs caractères classiques. Dans “ Jeux d’eau ”, Ravel emploie la gamme pentatonique, ne comportant que cinq notes au lieu des sept utilisés en Occident, ce qui confère un aspect japonais aux morceaux.

En outre, Debussy composa “ Estampes “, puis “ Images ” en 1907, également influencées par la gamme pentatonique, œuvres qui signèrent l’aboutissement de la pensée pianistique de Debussy, et de la musique impressionniste par la suite.

Cette gamme orientale confère une vision différente de l’expression musicale romantique de XIXe siècle, créant un panaché musicale novateur. Cette vague ouvra une nouvelle porte, débutant la musique contemporaine de XXe siècle, et marquant la naissance d’une musique ethnique et innovante dans l’Europe de l’Est.

À travers le japonisme, des avants-gardes élaborèrent des œuvres en rêvant l’Orient, imaginant le futur. Notre “ présent ”, où nous créons notre musique dans le futur imaginé par ces précurseurs, sera “ le passé ” d’un jour futur.
Comment pouvons-nous, en vivant dans une société moderne, refléter nos pensées dans la musique, jouer, partager, et projeter notre vision du futur que nous imaginons…

 

Par le train;
Keio New Line Hatsudai Sta. Sortie Est
Keio New Line (entrée sud de la gare de Shinjuku, pas Keio Line.) De Shinjuku à Hatsudai (la première station de Shinjuku), 5 minutes à pied.
Toei Oedo Ligne Nishi-shinjuku gochome Sta. Sortie A2 , 17 minutes à pied.
Odakyu Line Sangubashi Sta, 15 minutes à pied. 

Par le bus;
de la gare JR Shibuya (environ 20 minutes)
Keio bus: (Shibu) 61 / (Shibu) 63 / (Shibu) 64 / (Shibu) 66
Toei bus: (Shibu) 66 

Information 
■ objet α  +810551459474  Mail; info@objet-a.org
■   Tokyo Opera City Ticket Centre     +81-(0)3-5353-9999

Organisation
■ objet α  +810551459474  Mail; info@objet-a.org
■ Sous le parrainage de l’Ambassade de France / Institut français du Japon. 

Harmonie du Soir Vol.2

2017/10.1 (Sun)
OPEN 13:30 START 14:00 

@八ヶ岳やまびこホール

プログラム
ショパン
チェロソナタ ト短調 作品65

序奏と麗なるポロネーズ ハ長調 作品3

パーレニーチェク
コラール変奏曲
ほか

19世紀中頃の東欧において、ロマ族やスラブ族による民族音楽は、オスマン・トルコ帝国支配からの脱却運動と共に音楽界に影響を与え、自国の民謡や響き、リズム等を重視し、のちに国民楽派と呼ばれる作曲家たちが次々と誕生しました。国民楽派の誕生する前衛的存在であったショ パンは、ポーランド独立運動の最中パリに亡命し、母国ポーランドの持つ独特な音楽感をフランス に持ち込み、後のフォーレ、サン=サーンスらに多大な影響を与えます。 ショパンの代表的作品 「チェロとピアノの為の序奏と華麗なるポロネーズ」、20世紀におけるチェコの作曲家であるパーレ ニチェクの「主題と変奏」その他、東欧諸国それぞれ独特の音楽の魅力を紹介するコンサートです。

Cello Ludovit KANTA
ルドヴィート・カンタ
スロヴァキア共和国出身。ブラティスラヴァ音楽院にて、G・ヴェチェルニー教授に、プラハ音楽アカデミーにてS・ヴェチトモフ教授に師事。アカデミー在学中にスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の首席チェリストに就任。1990年よりオーケストラ・アンサンブル金沢の首席チェリストを務めている。ベートーヴェンコンクール優勝、プラハの春国際音楽コンクール第2位、またチャイコフスキーコンクールなど、数々のコンクールで入賞。日本、ヨーロッパをはじめ、カナダ、アメリカ、アジアでソリストとして、岩城宏之、J・ヴィエロフラーヴェク、Z・コシュラー、V・ゲルギエフらの指揮でオーケストラ・アンサンブル金沢、NHK交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー、プラハ管弦楽団等と共演。また、カナダ、ヨーロッパ、日本各地で国際音楽祭、マスタークラスの講師として招かれるなど、後進の指導にも力を注いでいる。数多くのCDをリリースし、「コダーイ・カサド・イザイ無伴奏チェロ作品集」、「メロディーズ」、「バッハ無伴奏チェロ組曲集」は、レコード芸術誌で特選版に選ばれている。

Piano FUKUI Mana
福井真菜
桐朋学園大学を経てパリ17区コンセルヴァトワールピアノ科、伴奏科を満場一致のプルミエ・プリで卒業したのち、パリ郊外のクラマール地方音楽院にて伴奏と、コレペティトールとして声楽クラスの指導、また、シャラントン音楽院にてピアノ科教授として後進の指導にあたる。シャラントン市後援の現代音楽祭、“Musique de notre temps”に定期的に参加。フランス政府国家音楽家資格試験(DEM)、クルシュヴェル国際音楽祭を始めとした数々のフェスティヴァル、UFAM国際コンクール等で公式伴奏員を務めつつ、パリを拠点にヨーロッパ各地でリサイタル、室内楽を中心に演奏活動を行う。2011年の東北・東日本大震災を受け、クラマール市で震災被災者支援の為の団体、“Espoir du Soleil”を立ち上げ、代表兼アーティスト・ディレクターとして支援コンサート、イベントを企画、主催。ピアノを今井顕、野島稔、コレット・ゼラ、ピアノ伴奏法を野平一郎、ジャン・ケルネルの各氏に師事。

開場 13:30 開演 14:00
前売 2500円 当日 3000円
高校生以下無料
障害者および介護者無料

八ヶ岳やまびこホール
北杜市高根町村山北割3315
0551-46-1013

チケット取り扱い
objet α / オブジェ・アー 0551-45-9474
内藤楽器 055-235-7110
くじらぐも 0551-25-4053

主催 objet α / オブジェ・アー
後援 内藤楽器
北杜市芸術文化スポーツ振興基金活用事業

evoke No6 poetry & music


evoke
N06 poetry & music

2017/09/08 (fri)
OPEN : 19:00
2 stages : 20:00~ / 22:00~
no charge

@テルチ
京都目黒区駒場1-16-12
ビル秀美1F
03 64 16 81 86

 

Piano Chamber Music Series Vol. I / ピアノ室内楽シリーズ 第1巻

 

8月19日(土)
開場 13時30分   開演 14時00分
前売り 2500    当日 3000
高校生以下無料

会場 キングスウェル 甲斐市下今井2446
0551 20 0072

ピアノ五重奏曲 ト短調 作品57 ショスタコーヴィッチ
ピアノ三重奏曲 イ短調 作品67 ラヴェル
ピアノ三重奏曲 ニ短調 作品120 フォーレ

高橋真珠 vl.
大倉サラ vl.
上原恭子 va.
ティム・ デミー vc.
福井真菜 pf.

お問い合わせ objet α / オブジェ・アー
0551 45 9474
info@objet-a.org

主催 objet a / オブジェ・アー
後援 内藤楽器

高橋真珠 vl.  桐朋女子高等学校音楽科卒業後、 同大学diplomaを経て米国にに留学。キジアーナ音楽院(イタリア・ シエナ)にて名誉賞受賞。クリーブランド音楽院にて修士課程を終了し、シャットストリングコンクールのファイナルにて diploma及び聴衆賞を受賞。兵庫芸術文化センター管弦楽団、香港シンフォニエッタおよびニュージーランドの オークランド管弦楽団の団員を務める。また2007年の日本演奏連盟主催東京文化会館リサイタルに全無伴奏 プログラムで出演し好評を博し、以後各地にてソロ・室内楽の活動にも力を入れている。2014年より新たな地元 (三重)にて後進の指導や地域での多様な音楽活動も展開中。これまでに深沢薗子、篠崎功子 ポール・カンター、ドロシー・ディレイ、デヴィット・アプデグラフ、ピョートル・ミレフスキ各氏に師事。

大倉サラ vl.  桐朋学園女子高等学校音楽科卒業後渡米。ハリッド音楽院卒業、シンシナティ大学大学院卒業。 セルジウ・シュワルツ、川崎雅夫に師事。米国にて数々のコンクールに入賞。ソリストとしてシンシナティ・フィル ハーモニア、ニューワールド・シンフォニーと共演。オーケストラ奏者としてニューヨーク・ストリングス・オーケストラや ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルで演奏。タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭、スポレト音楽祭 コスタリカ室内楽音楽祭に招待され好評を得る。ニューワールド・シンフォニー、ヒューストン交響楽団を経て現在は 東京を拠点にソロ活動に加え、室内楽奏者として活動している。

上原恭子 va.  東京音楽大学、チェコ国立ヤナーチェク音楽院を卒業。ヴァイオリンを篠崎功子、ヴィオラを兎束俊之 ラディスラフ・キセラークの各氏に師事。アジアユースオーケストラに2度参加。チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦 楽団で演奏活動を行い、プラハの春音楽祭にも出演した。2014・16年の二度にわたり、旧ユーゴスラヴィア 民族共栄オーケストラ「バルカン室内管弦楽団」の日本ツアーとレコーディングに参加。昨年の、ウィーン交響楽団員 らでつくる「ウィーン室内楽アンサンブル」との共演や、今年4月の、サウジアラビアでの「ジャパン・フェスティヴァル オーケストラ」公演参加など、長野市を拠点に国内外で演奏活動を行う。長野県小諸高等学校音楽科 非常勤講師。

ティム・デミー  vc.  米国ピッツバーグ出身。9歳より父親の手ほどきでチェロを始める。インディアナ大学で堤剛氏に、ノースウエスタン大学 でハンス・ヤンセン氏に師事。ジェフリー・ソロ、そしてリン・ハレルのマスタークラスを定期的に受ける。シカゴ・シヴィック オーケストラのフェローとしてシカゴ交響楽団のメンバーと演奏活動を行う。室内楽をダニエル・バレンボイム氏に師事。 イリノイ交響楽団の正団員として活動しアルバカーキ交響楽団とベートーヴェンの三重協奏曲を共演。2007年に 妻と東京に移り、英語学校で教鞭をとりながら演奏活動を続けている。2013年より窪田博和制作の新作 シャコンヌを使用している。

福井真菜 pf.  桐朋学園大学ピアノ科を卒業後、パリに留学。パリ17区コンセルヴァトワールピアノ科、伴奏科をプルミエ・プリで 卒業。2002年よりクラマール地方音楽院にて室内楽と、コレペティトールとして声楽クラスを指導。また、シャラントン 音楽院にてピアノ科教授として後進の指導に当たる。シャラントン市後援の現代音楽祭“Musique de notre temps”に定期的に参加。フランス政府国家音楽家資格試験(DEM)、クルシュヴェル国際音楽祭を 始めとした数々のフェスティヴァルUFAM国際コンクール等で公式伴奏員を務めつつ、18年に渡り、パリを拠点に ヨーロッパ各地でソロリサイタル、室内楽を中心に演奏活動を行う。 2015年に帰国後、ソロ活動に加え、 室内楽コンサートも精力的に行う。

Harmonie du soir 2nd set

Debussy: Sonata for cello and piano d-moll
Franck: Sonata for cello and piano A-Dur

encore
Debussy: Claire de lune
Rentaro TAKI: Kojo no tsuki
Sakura
Rimsky-Korsakov:Flight of the Bumblebee
Joplin: rag time

Ludvit KANTA Cello
Mana FUKUI Piano

2017/03/26 @YAMABIKO HALL