【Release】
OUW004 – OJP041 : Evoke / No Directions
Digital release on the 24th of January 2020.

1: Rayure d’or
2: The Warm Winter Rain (feat. DJ Kou)
3: No North, No South
4: Alpha et omega
(feat. Kiyohito Yamada)
5: Lullaby
6: Walk with Me: Fulfilling Moon
7: Current 2016

8: Ambient Noiz
(feat. Kiyohito Yamada)

 

2017年にリリースした「no directions」をOffよりデジタルリリース。
レーベル:
https://off-recordlabel.blogspot.com/2020/01/ouw004-ojp041-evoke-no-directions.html
以下のプレイヤーからご試聴いただけます。
https://player.believe.fr/v2/3616403011511

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
‘Evoke’: Poetry reading, so to say, or poetry accompanied by music?

No, this album is a rich flow of beauty, an atmosphere of words and voice and music and sound, as a whole.

The electro ambience, noise/silence, the crisp and sophistication of sound effects are created by Wataru Iwata.

Yukiko Hiranuma generates her scenes of poetry, her voice full of life and charm, sometimes like a monologue, or a spirit in speech.

The emotion and spirit of each poem co-exist and fuse with the futuristic electro ambience where one can even notice some melodies of classical taste.

Deep somewhat dark but lighthearted, pure and cruel …and touching, is this album of 8 pieces “no direction”.

 
いわゆるポエトリー・リーディングではない、伴奏&朗読でもない。 言葉と声、音楽が音空間として一体となり、独自の美意識が充溢する。 Wataru Iwataによる、先鋭で緻密な音響・noise/静謐・エレクトロアンビエンス。Yukiko Hiranuma の、時に私的な告白、時に精霊の言霊のようでもある繊細な生命感に満ちた詩情の発露・魅惑的なヴォイス。その対峙と融合が堪能できる、8作品のミニアルバム『no directions 』。
 
evoke = ( 詩 + 独白 + spoken words ) × ( 音響 + noise/静謐 +エレクトロアンビエンス )

【Release】
JP039 – ODG112 : Wataru Iwata / Objet α
Digitally released on the 15th of November 2019.

             
Track listing:

1: Tone + Prayer
2: Eden
3: Prayer
4: Sine Pt.
5: Ring Tune
6: Sine 2
7: Solaris 8
8: Suite No. X
9: Pinknoise+Alpha
10: Objet α

Playerへのリンク:
https://player.believe.fr/v2/3615939593140

iTunes: https://music.apple.com/jp/album/objet-%CE%B1/1470158744…Spotify: https://open.spotify.com/album/3qk91CyNOQ91okqiesCRtu

ラカンはObjet αを「欲望の原因」であると説明し、その代表格として、乳房、排泄物、まなざし、声の4つを上げる。乳児は、母親の乳房が乳児の望むものすべてを、すなわち無限の母乳と愛情を持っていると感じる。乳房は無限のものを持っており、無限である以上、乳児に有限を分け与えてもそれは減らない。この減ることのない無限性を、乳児は欲しがる。しかしその無限性こそ、乳房が乳児に与えてくれない当のものだ。ひとがアプリオリに人肌を求め、あるいは善行を為し、あるいは詩、音楽、絵画、映像などの芸術作品をこよなく愛するのは、その先に対象 α / 欲望の原因を見るからだろう。【リリースノート】
タイトルのObjet α(オブジェ・アー)は、ジャック・ラカンの精神分析理論で用いられる概念の一つで、日本語では対象α、小文字の他者と訳される。ラカンはレクチャーのなかでこのような言葉を残している。”私から見たあなたが、全体から見た私と等式で結ばれる時、対象aは黄金数として現れる”。

また彼は、このことをシンプルな数式によって表す。

自分を x、他人を y とする。他人に映った自分(対象a)を a=x/(x+y) とする。決して到達することの出来ない a を自分が見た他人として類推すると、 a=x/(x+y)=y/x ということになる。この式の解は a=(√5-1)/2 となる。つまり黄金数である。

方程式を利用して考えられることは、私が他者を見る視点が、我々が私を見る視点に等しくなるということ、すなわち、個別と普遍の一致であるといえる。これ


つまり、先の言葉を言い換えると、以下のようになる。はもはや、精神分析理論の概念であるというよりも、イブン・アラビーの「存在一性論」、ウパニシャッド、老荘思想、華厳経、禅、またあるいは一神教を準備した数々の思想に通底する、神秘主義の響きさえ感じられる。

『私から見たあなた(たち)が、私たち(全体)から見た私と等しくなるとき、欲望の原因は美の法則として現れる』。

Objet αが月ならば、わたしたちは月をさす指のようなものである。

【Release note】
Wataru Iwata (see also OJP038) is a Japanese composer/Artist/Director engaged in TV advertising song production and playing in various pop, rock, electronic or jazz bands.

Objet α is the term used in the psychoanalytic theory of Jacques Lacan.

In the psychoanalytic theory of Jacques Lacanobjet petit a stands for the unattainable object of desire. It is sometimes called the object cause of desire. Lacan always insisted that the term should remain untranslated, “thus acquiring the status of an algebraic sign”.

The “α” in question stands for “autre” (other), the concept having been developed out of the Freudian “object” and Lacan’s own explanation of “otherness”is within the whole”.
Another way of saying it : The cause of desire appears in the order of beauty when “the way I sees the other” is equal to “what I is within the whole”. Also, the term is used to expound the irrational relation between universal and particular. In this state, it sounds rather an esotericism theory transpierce from ancient philosophy to the world religion than the psychoanalytic theory.

We can also interpret and recognize the objet α as the fundamental source of art, music, philosophy, and science is a finger-like that points at the moon.
Wataru Iwata tries to describe all those feelings and theory through 10 introspective electronic pieces that will bring you closer to that unreachable object cause of desire.

Some videos. Trilogy was made especially for the Fukushima biennal in 2016.

https://off-recordlabel.blogspot.com/2019/11/ojp040-odg112-wataru-iwata-objet.html

「Simultaneous Spontaneity」Pulse Convention

Simultaneous Spontaneity
1 Viridian Moon
2 Walk up to the Dune
3 Low Gravity
4 Reboot
5 Sphere Fluid
6 Sphere Fluid 2
7 Opalescence
8 Hydroscopic Ray
9 At the End of the Struggle


Pulse Convention
Saxophone
Hiroshi Nakamura
Piano and Fender Rhodes
Wataru Iwata
Contrabass
安東 (Noboru Andou)
Drums
Hiroto Uezi

Edit by Wataru Iwata
Mastering by Pierre Vervloesem

Cover art by A.L. / Akira Saito
Photo by Kenichi Iwai

【Release Note】ベルギー・アントワープ拠点のレーベル「Off」よりPulse Conventionのアルバム「Simultaneous Spontaneity」をリリース。

「Simultaneous Spontaneity」を訳すとすると、『同時に存在する自然発生的なもの』とでもいうことになるだろうか。つまり“即興性”についてもって廻った言い回しをしたものである。

ここでは芸術/音楽表現における即興性にのみ言及しようとしているのではなく、我々の日常、大袈裟にいうならば、私たちが存在しているこの瞬間に生じる、惑星の運行から微生物の活動、量子の振る舞いに至るまでの、文字通り「あらゆるもの全て」の無限の相互作用によって、生じる「あらゆる現象」のことを指している。

また別の例え方をするとすれば、珊瑚虫の作り出す珊瑚礁、蟻塚、下町の曲がりくねった小道と家々の重なり合い、宇宙から見た夜の都市の灯にも見てとることが出来るだろう。また老荘思想における「無為自然」という言葉から窺い知ることのできる。

「無秩序とは最高の秩序である」とプルードンがいうとき、それは、あらかじめ秩序立てられたものの中に存在する個を想定しているのではなく、刹那刹那に生じる、存在するもの同士の、無限の相互作用のなかで受容し、変容し、呼応し、発信し、絶え間なく動き続けていることの軌跡を「最高の秩序」と呼んでいるのだと理解している。そしてそれは生じると同時に、軌跡を絶えず刻み続けている。

「Simultaneous Spontaneity」は以下のプレイヤーよりご視聴いただくことができます。https://player.believe.fr/v2/3615938522905

https://off-recordlabel.blogspot.com/2019/09/ojp038-pulse-convention-simultaneous.html?fbclid=IwAR2GQMuWDGZq3l4mLLpZCRPnQWOjVl672nYqCctzWWA9X_fMhzXUvXWKY8A

“Nostalgia” for electronics and video

Life is Beautiful

Directed by Koji FURUTA (Media Stream)
3 The Explosion of Diverseness
5 (The Irrational Relation) Between Universal and Particular